HOME 会社概要 サイトマップ プライバシーポリシー
HOME 〉 AtoZ
電子カルテシステムAtoZ(以下AtoZ)は、WEBアプリケーションで稼働する電子カルテシステムとなっております。医事会計システムは日本医師会が推奨しております「ORCA」を採用しており、診療報酬改正によるマスタ更新はインターネットによる更新作業が簡単に行えるシステムとなっております。
WEBアプリケーションの電子カルテのため、カルテデータは堅牢なセキュリティで守られたサーバで一括管理されており、クライアントの故障等でのデータ消失はありません。
リモートメンテナンスもサポート対応しており、不具合等が発生した場合、リアルタイムでのサポートが可能です。また、システムバージョンアップもリモートメンテナンスで行えます。
千島先生は、深谷赤十字病院の時から弊社の内視鏡ファイリングを既に使用していた
事もあり、導入するなら電子カルテで内視鏡画像を参照できるシステムをと考え、内視鏡や超音波といった医療機器類を選定した。
撮影は内視鏡室で行い、「診断結果の説明等で診察室に居ながら患者様に対して、電子
カルテ画面より画像を見せて応対ができる事に満足している」と千島先生は語る。
電子カルテの導入にあたり、大森先生が目指したのは、画像機器類も含めた院内の≪完全なペーパーレス化≫である。電子カルテを導入するなら、画像もフィルムレスにしようと考え、内視鏡や放射線、超音波といった機器類もすべて電子化対応のものを選びました。紙カルテやフィルムの場合、保管場所も必要ですし、探し出すための時間等患者様の待ち時間を無くす上でどうしても電子カルテ化が必要と考えた訳です。
   
 
Copyright © 2010 株式会社エーゼットAll rights reserved.